MENU

国際的な栄養学

1970年代頃からアメリカでは生活習慣病と食事の関係が深いと言う研究結果が示され、食事と疾患による栄養疾学が盛んに研究されるようになりました。

 

1977年にはハーバード大学の公衆衛生大学院の栄養学の教授マーク・ヘクステッドも関与した報告書によって、食事と肥満や心臓疾患などの生活習慣病が関係が深いと分かったのです。今でこそ、食べすぎは肥満に繋がると言うのが常識ですが、この頃に立証されたのですね。

 

1982年にはアメリカ国立癌研究所が食事と癌の関係性の報告書をまとめた。癌と食事に関する研究は、1983年から1990年にアメリカ国立癌研究所が式提供して複数の大学と、中国の癌研究機関で研究をする中国プロジェクトを遂行した。

 

ウォルター・ウィレットはアメリカ人のための食生活指針をしめし、健康な食事ピラミッド『ヘルシーフードピラミッド』を作成するに至った。

 

水分摂取の重要性

実体験ですので医学的根拠があるかどうかは検証しておりません。

 

編集者は幼少の頃より水をたくさん摂取する傾向にありました。好き嫌いが多く、嫌いなものは水、又はお茶で流し込むように飲んでいました。あまりいい食べ方ではない為に、親には毎食事毎に注意され、水分ももう少し控えるように言われていたのです。

 

しかし、三兄弟いるうちの長男は高校生の時に初めて腎臓結石になり、それから5回ほど腎臓結石になっています。三男も40歳になって初めて腎臓結石になり、救急車で運ばれました。

 

父親も50代で腎臓結石になり、これまた救急車を呼ぶ羽目になってしまいました。腎臓結石は痛くて動けないので必ず救急車を呼ぶ事になってしまいます。

 

その中で唯一次男である編集者が腎臓結石になっていないのは、水分の大量摂取が要因と考えています。腎臓結石の予防も医者からは『水分の摂取』と言われるようですので、かなり効果はあるのではないかと思われます。

 

また、風邪の場合も水分は重要になるので水分を取るということは重要になってきます。

日本の病態栄養学

日本の栄養学はその食品の成分や栄養素をいつどれだけ食べたのかを推し量る研究を主に進んできました。

 

1980年代から生活習慣との結びつきが、病態に大きく関係することが次第に分かってきましたので、病態栄養学という分野を積極的に進めていくようになりました。その上での意見交換の場が日本病態栄養学会と言うところになっています。

 

>>一般社団法人日本病態栄養学会

 

即日融資を受けたい!スピードカードローンはこれ!